充電器の選び方

 

充電器は、コードレス(バッテリー)式の電動工具には欠かせない存在です。
バッテリーに充電するのに不可欠な充電器は、電動工具を購入する際セットで付いてくることが多いのですが複数の電動工具やバッテリーを使いまわす場合などのため、単独で追加購入するケースもまた多いですね。

充電器を選ぶ際、先だって基準にしなければならないのは「バッテリーのスペック」です。
別記事でもご紹介しましたが充電したいバッテリーについて、品番とともに「電圧(V)」と「容量(Ah)」を把握し、それの充電に対応しているか…という点が何よりも大きいでしょう。
特に電圧が違う場合は使用できなくなるので注意が必要です。
例えばマキタであれば7.2V・10.8V・14.4V・18V・36V・40Vmaxと多彩な種類があり、それぞれ充電可能な機種が異なっているのでそれを確認しましょう。
※14.4Vと18Vのように互換性のあるものもあれば、複数の電圧をまたいで対応している充電器もあるので各個に確認が必要です。

充電器選びについては最低限それで大丈夫なのですが、それに加え
 

〇バッテリーの急速充電が可能かどうか(充電速度)

 

〇複数のバッテリーを同時充電できるかどうか

 
など機種によって特徴があるので、それも考慮して判断していきましょう。
充電器についてはそれほどバリエーションが多くはないので迷いにくいです。

 

おススメの充電器5選!(2023年版)

 

 

1.マキタ製 急速充電器 DC18RF

 

充電可能電圧:18V/14.4V

マキタ製工具を購入した際、付属品としてよく付いてくる充電器でもあり大変ポピュラーです。
新・最適充電制御により6.0Ahの充電時間は約40分と、業界最速クラスの充電スピードを誇るのが自慢です。
冷却性能にもすぐしているため連続急速充電にも対応しており、安心して複数のバッテリーを充電していけます。

 

2. マキタ製 40Vmaxバッテリ用 急速充電器 DC40RA

 

充電可能電圧:40Vmax

マキタで最もパワフルな40Vmax仕様のバッテリを充電可能です。(BL4025 4040 4050Fなど)
また別売アダプタの装着で14.4Vや18Vバッテリの充電器としても使えます。
何といっても充電速度の速さが持ち味なのですが、加えていわゆる「実用充電(80%)」まで素早く充電をしてくれることから厳しいバッテリローテーションでの充電もこなしていけます。

 

3. HiKOKI製 マルチポート充電器 UC18YTSL(S)

 

充電可能電圧:10.8V/14.4V/18V/マルチボルト(18・36)

HiKOKI(旧日立工機)の工具を使用していて、同時に複数のバッテリーを充電したい場合に効果を発揮するのがUC18YTSL(S)です。
マルチモードへの切り替えにより順番ではなく同時充電をしていくことが可能で、10.8Vも含めた幅広い電圧帯をカバーしているのでヘビーユーザーからの支持も熱い機種です。

 

4. マキタ製 2口急速充電器 DC18RD

 

充電可能電圧:18V/14.4V

先に紹介したDC18RF の長所を発揮しつつ、2本同時に充電が可能な機種です。
冷却構造に優れておりその分急速充電が可能なのが強みでマキタ工具のヘビーユーザーからも愛される機種です❕

 

5. HiKOKI製 急速充電器 UC18YDL3

 

充電可能電圧:18V/14.4V

14.4~18V対応のリチウムイオン電池用充電器で、姉妹機種の中でも冷却機能に優れていることから負担のかかる急速充電もしっかりこなしていけます。
他の多くの機種同様、USB端子も備えているのでスマホの充電等にも使用できるのは便利ですね!
HiKOKIユーザーさんの間で最もポピュラーな充電器の1つと言えます!

いかがでしたか?
充電器については正直、「どのメーカーの工具を使っているのか?」で選択肢がガラッと変わりますので順位については参考程度としていただければ幸いです。
最近のバッテリーは差し込み式よりスライド式が多く、また充電器についても急速充電機能を備えた機種が増えてきているのでそれほど複雑な選択肢はないと思います。
あとは複数同時充電が必要かどうかなどを考慮していくのがベストだと思います!
今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。